最新 / RSS

XINUJP - ChangeWebLog

若者もすなるブログといふものを、オヤジもしてみむとてするなり。 それの年(2007年)の神無月の三十日の未の時に門出す。
[ This Blog is Generated by Emacs + ChangeLog + Chalow ]

2019-12 / 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

最近 5 日分 / 今月の一覧

2019-12-06 Fri

locateデータベースの更新 [unix]

以下コピペだけど、locate DB の更新方法。

- FreeBSD

# /usr/libexec/locate.updatedb


- Linux

# updatedb

chalow 移行 [www]

ううむ、なんとか稼働し始めたが、イロイロ不満あるなぁ。
少しずつ対処しよ。

2019-12-02 Mon

ブルースハープ オーバーブロー / blues harp overblow [bluesharp]

もちろん難しい...

でも、今練習している Georgia on my Mind のサビの部分でソ♭(5番OB)が出て来る。

ここを見ると、綺麗に出すんだなぁ、これが。




で、ここあたりを参考に練習中。



基本は、

8,9,10番のふつーのブローベンドみたいに吹いてみて、ポイントを探す

かな。

2019-11-20 Wed

mew IMAP フォルダ削除 [mew]

まずは既存メールをすべて消した方が良いかも。

次にフォルダを削除

g %foo して消したいフォルダへ移動
Rd して
Delete this folder?(y or n) で y

2019-11-19 Tue

zfs での du は圧縮されたサイズだ! [freebsd]

自社サーバの入れ換え中で、旧サーバ(FreBSD9.1/UFS)から新サーバ(FreeBSD12.1/ZFS)へファイルをどっさりコピー。

で、それぞれであるディレクトリを du -sh . したところ

旧サーバ 33G
新サーバ 14G

となり、コピー失敗かなと。

で、ちょっとお試しで個別ファイルのサイズを du -sh * したところ、
旧ファイルが 2.9G に対し新ファイルが 635M と全然違う。

が、sum すると全く一緒で、ls -l したら、いずれも 2.9G となった。

こりゃ du の何かが違うと思い、ぐぐって分かったことは、

UFS ファイルシステムでは、du コマンドが、ファイル内のデータブロックのサイズを報告します。
ZFS ファイルシステムでは、du コマンドが、ディスクに格納されているときのファイルの実際のサイズを報告します。

だそうな。

なるほど。

ls コマンドの表示順 [freebsd]

FreeBSD12 から ls -l の表示順が変更となったよう。
linux 系の ls と同様に英大文字小文字の区別がなくなってしまった。

こんな感じ (@FreeBSD12.1)

% ls -l
total 3
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 aaa
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 AAA
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 bbb
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 BBB
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 ccc
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 CCC


いやー自分的には昔からのこちら良いけど (@FreeBSD9.1)

% ls -l
total 0
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 AAA
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 BBB
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 CCC
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 aaa
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 bbb
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 ccc


今まで、ls で上位に表示させるために先頭大文字のファイル名を付けたりしていたのに、それが出来なくなってしまう...

で、昔風 ls 表示も出来ない分けではなくて、次のようにすれば良いとか。

export LC_ALL=C


でも、そうするとアチコチに影響が出てしまうしなぁ...

ううむ、ls のパラメータとして昔風表示できないかなぁ...

2019-11-15 Fri

sftp ディレクトリをまるごと再帰的に転送 [unix]

今までさんざ使って来たのに、知らなかった...
要するに cp と同じに出来るわけだ。

ディレクトリをまるごと、かつ、パーミッション,アクセス時間そのまま

sftp> get -pr XXXX
or
sftp> put -pr XXXX


昔は出来なかったと思うが...

お、help を見ると、mget,mput が無いな(使えるけど)。
複数ファイルの転送も get,put で出来るわけね。

sftp コマンドも進化しているなぁ。

2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

最終更新時間: 2019-12-06 18:52