前の日 / 次の日 / 最新 / 2013-07

XINUJP - ChangeWebLog / 2013-07-11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2021 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2020 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2013-07-11 Thu

LaTeX と Pandoc/汎用ドキュメント変換ツール [unix][windows][latex]

客先提出資料を(ひさびさ) LaTeX で作成することに。
3,4 年ぶりなので、TeX 環境もずいぶん変わって、今は TeXLive なるものが主流らしく、それをインストール。
FreeBSD 用と windows 用。相変わらずインスト大変だったし、まだ不安定。

しかし、書き出してみると LaTeX やっぱりイイ!!
word/ppt/excel で作成するときと、時間的にはあまり変わらないが、ストレスが段違い!
ストレスフリーだ!

とは言うものの、もし客先が 「PDF でなく word ファイルで資料をくれ」と言って来たら困ってしまうな、と思い、LaTeX -> docx 変換ソフトを探していたところ、Pandoc を発見。
http://johnmacfarlane.net/pandoc/

こちらいろいろなドキュメントファイルを相互に変換するツールのよう。
ちなみに LaTeX -> docx 変換はこう。

$ pandoc -s foo.tex -o bar.docx

ううむ、ビミョーではあるが、一応画像なども挿入されていてまぁいっか、程度の変換。
(客先には怒られるかもな...)

なお、LaTeX の \include は NG なので注意してね。

最終更新時間: 2021-10-29 13:37