Prev / Next / XINUJP - ChangeWebLog

whois コマンド と FreeBSD と CentOS と[unix]

2013-04-04

- FreeBSD 7.2
当然、whois あり(/usr/bin/whois)
ただ、.jp などの日本語が化けるので、次の alias を設定
[tcsh]

alias whois '/usr/bin/whois \!:1 | /usr/local/bin/nkf -w'

ちなみに、英語表記で表示したい場合は、次

> \whois -h whois.jprs.jp DOMAIN_NAME/e
  '\' で alias を quote して、-h で JPRS 指定して、最後の /e で英語表示(これは JPRS のルール)


- CentOS 6.2
whois なし!!
で、yum でインストール(jwhois という日本語対応版らしい)

# yum install jwhois.x86_64

ところが、default 設定では日本語を抑制するらしく、英語表記しか出力されない。
(日本語対応なのに、default が日本語抑制か...)
で、次のように conf を 1行コメントアウト

> diff -c /etc/jwhois.conf.org /etc/jwhois.conf
*** /etc/jwhois.conf.org 2011-09-23 20:19:45.000000000 +0900
--- /etc/jwhois.conf 2013-04-04 10:00:04.000000000 +0900
***************
*** 229,235 ****
   }
   "\\.jp$" {
   whois-server = "whois.jprs.jp";
! query-format = "$* /e";
   }
   "\\.ke$" = "whois.kenic.or.ke";
   "\\.kp$" = "whois.kcce.kp";
--- 229,235 ----
   }
   "\\.jp$" {
   whois-server = "whois.jprs.jp";
! # query-format = "$* /e";
   }
   "\\.ke$" = "whois.kenic.or.ke";
   "\\.kp$" = "whois.kcce.kp";

こちらも、日本語が化けるので、次の alias を設定
[tcsh]

alias whois '/usr/bin/whois \!:1 | /usr/local/bin/nkf -w'

permlink