前の日 / 次の日 / 最新 / 2009-08

XINUJP - ChangeWebLog / 2009-08-26

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2020 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2009-08-26 Wed

こんなのありなの! [諸々][移設記事(WordPress)]

以下読売新聞の記事より

投票用紙配布ミス、全盲男性の投票無効に...大阪

大阪市選管は25日、衆院選の期日前投票で、全盲の80歳代男性に小選挙区と比例選の点字の投票用紙をあべこべに渡すミスがあり、男性の投票が無効になった、と発表した。

市選管によると、25日午後3時頃、阿倍野区役所の期日前投票所で、係長が小選挙区と比例選の投票用紙を間違えて渡し、男性が比例選の用紙に候補者名を記入して投票した。

立会人が用紙の色が小選挙区用の桃色でなく、比例選用の水色だったのに気付いて指摘したが、係長はその場で「有効票として扱える」と男性に誤った説明をして小選挙区用の用紙に政党名を記入するよう促し、ミスを重ねたという。

公職選挙法は「1人1票に限る」と規定しているため、男性の投票権は救済されないという。

2009年8月26日10時55分 読売新聞


これってひどくね、当人は何のミスもしていないのに結果的には参政権(投票権)を剥奪されてしまった分けだよね。
参政権という国民の基本的権利を剥奪したバカ係長は、公職選挙法的にはどういう処分を受けるのだろうか?
まさか何もお咎めなしじゃあないだろうな、死刑とまでは言わないが、相当重い処罰を加えないとおかしい。

ったく、これで良く「みんな投票に行こう」とか言えたものだよ。

最終更新時間: 2020-07-17 18:30