前の月 / 最新

XINUJP - ChangeWebLog / 2019-11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2019-11-20 Wed

mew IMAP フォルダ削除 [mew]

まずは既存メールをすべて消した方が良いかも。

次にフォルダを削除

g %foo して消したいフォルダへ移動
Rd して
Delete this folder?(y or n) で y

2019-11-19 Tue

zfs での du は圧縮されたサイズだ! [freebsd]

自社サーバの入れ換え中で、旧サーバ(FreBSD9.1/UFS)から新サーバ(FreeBSD12.1/ZFS)へファイルをどっさりコピー。

で、それぞれであるディレクトリを du -sh . したところ

旧サーバ 33G
新サーバ 14G

となり、コピー失敗かなと。

で、ちょっとお試しで個別ファイルのサイズを du -sh * したところ、
旧ファイルが 2.9G に対し新ファイルが 635M と全然違う。

が、sum すると全く一緒で、ls -l したら、いずれも 2.9G となった。

こりゃ du の何かが違うと思い、ぐぐって分かったことは、

UFS ファイルシステムでは、du コマンドが、ファイル内のデータブロックのサイズを報告します。
ZFS ファイルシステムでは、du コマンドが、ディスクに格納されているときのファイルの実際のサイズを報告します。

だそうな。

なるほど。

ls コマンドの表示順 [freebsd]

FreeBSD12 から ls -l の表示順が変更となったよう。
linux 系の ls と同様に英大文字小文字の区別がなくなってしまった。

こんな感じ (@FreeBSD12.1)

>>

% ls -l
total 3
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 aaa
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 AAA
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 bbb
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 BBB
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 ccc
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 CCC


いやー自分的には昔からのこちら良いけど (@FreeBSD9.1)

>>

% ls -l
total 0
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 AAA
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 BBB
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 CCC
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 aaa
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 bbb
-rw-r--r-- 1 foo bar 0 11月 19 10:54 ccc


今まで、ls で上位に表示させるために先頭大文字のファイル名を付けたりしていたのに、それが出来なくなってしまう...

で、昔風 ls 表示も出来ない分けではなくて、次のようにすれば良いとか。

export LC_ALL=C


でも、そうするとアチコチに影響が出てしまうしなぁ...

ううむ、ls のパラメータとして昔風表示できないかなぁ...

2019-11-15 Fri

sftp ディレクトリをまるごと再帰的に転送 [unix]

今までさんざ使って来たのに、知らなかった...
要するに cp と同じに出来るわけだ。

ディレクトリをまるごと、かつ、パーミッション,アクセス時間そのまま

sftp> get -pr XXXX
or
sftp> put -pr XXXX


昔は出来なかったと思うが...

お、help を見ると、mget,mput が無いな(使えるけど)。
複数ファイルの転送も get,put で出来るわけね。

sftp コマンドも進化しているなぁ。

2019-11-12 Tue

tar 展開で特定のディレクトリ/ファイルを抽出 [unix]

例えば、foo ディレクトリ以下を抽出する場合

まず、ディレクトリ構成を調べる。

tar tvf original.tgz | grep foo
./xxx/yyy/foo/
./xxx/yyy/foo/aaa
./xxx/yyy/foo/bbb
./xxx/yyy/foo/ccc
...


それを指定して展開する。

tar xvf original.tgz ./xxx/yyy/foo


と、./xxx/yyy/foo/ の下のみ展開される。

TorqueG03/G04 呼出時のバイブ [mobile]

この前 TorqueG03 から G04 に機種変したが、電話呼出中にバイブが鳴ってしまい非常にうっとうしい。
(誰でも電話掛けたらスマホ耳許に持っていくよね、その時に耳許でブーブー言われたらうるさいよね)

で、G03 でもそうだったので設定を変更したはずだが、どうすれば良いか忘れてしまい、再度、イロイロ試した結果、次の設定で(今のところ)OK!!(らしい)

設定 => アプリと通知 => g電話帳Pro(電話アプリ) 選択
通知 をすべて OFF


この通知の表示って

電話の通知(受信)
電話の通知(着信)

となっているが、これが呼出中(発信)に影響するとは思わなかった。

で、これを OFF して着信時の通知は大丈夫かというと

設定 => 音 => 着信音 が鳴る
設定 => 音 => 着信時バイブ ON ならバイブ

があるので、大丈夫(そう)では無かった!! 下参照

なんだかよくわからないのでチョイ不安...

2019-11-18 追記

って、不安的中!!!

この設定だと、何かのアプリ起動中は、着信音が鳴るだけで「電話応答」画面が出てこない!!!
なので、

誰かから電話が来る
切れるまで待つ
不在着信を確認(誰からの電話か初めて分かる)
その着信に電話を掛ける

と言うダサい対応...

で、次のように再設定

設定 => アプリと通知 => g電話帳Pro(電話アプリ) 選択
通知 をクリック
電話の通知(受信) OFF
電話の通知(着信) ON


これで、やっと

- 電話呼出中のバイブ起動せず
- 着信時に着信音が鳴り「電話応答」画面 表示

という当り前の設定なった。

2019-11-07 Thu

Mac 自分の Downloads Dir. に shell 画面からアクセスできず [mac]

iPhone 開発用に iMac を購入して設定中。

で、自分の Downloads ディレクトリに urxvt(onXQuartz) で cd して ls しても、not permitted とか言われて、中見えず!!

で、既存の Mac Mini で試したが、こちらも(以前は見えたのに)見えなくなっている...

(しかし、ターミナル使うと何もしなくてもちゃんと見えるんだよな、これが。)


で、調べたところ、どうも SIP(System Integrity Protection) なるプロテクションが掛かっているみたい。

で、早速、次の通りにして、無事に中が見られました。

初心者向け MacでOperation not permittedの解決方法
https://qiita.com/iwaseasahi/items/9d2e29b02df5cce7285d


しっかしなんだかなぁ...

最終更新時間: 2019-11-20 10:31