前の日 / 次の日 / 最新 / 2019-04

XINUJP - ChangeWebLog / 2019-04-11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2019-04-11 Thu

「そこ」のファイルを include (shell, PHP) [php][unix]

何かのプロジェクトで、そのプロジェクトHOME を絶対パスでローカルファイルに記しておいて、実行時に読み込み使いたい場合がある。

○ PHP

読み込むファイルを main.php, 読み込まれるファイルを header.php としたとき、main.php に

require_once('header.php');

と、パスを書かずに include すれば、main.php 並びにある header.php が読み込まれる。

正しくは

パスを指定しない場合は、 include_path の設定を利用します。 ファイルが include_path に見つからないときは、include は呼び出し元スクリプトのディレクトリと現在の作業ディレクトリも探します。


○ shell

読み込むファイルを main.sh, 読み込まれるファイルを header.sh としたとき、main.sh には次のように記述。

HERE=`dirname $0`
. ${HERE}/header.sh

最終更新時間: 2019-12-02 09:39