前の月 / 次の月 / 最新

XINUJP - ChangeWebLog / 2013-10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2019 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2018 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2013-10-31 Thu

Google アカウントを OpenID として使う [google]

OpenID URL に次を入力

https://www.google.com/accounts/o8/id


と、 Google アカウント認証ページとなるので、Google のアカウント/パスワードで認証を受ける。



ううむ、Redmine にも OpenID あるので試用してみたが、これだと、Google アカウントある人は、誰でも Redmine に入れてしまう。

OpenID の使い方が違っているのかな??
イマイチ良く分かっていない...

2013-10-28 Mon

bash で大文字を小文字に変換 [linux]

postfix で受信したメールを、scmail に渡す shell command を作成した。
その中で、To-addr により設定を一部変更しているのだが、その文字列比較をベタで「小文字」のアドレス比較としたため、大文字の To-addr が error となってしまった。
こんな感じ。

if [ ${TO} = "foo@example.net" ] ; then
  export X_HOME=/var/xxx/foo
else
  echo "ERROR: ${TO}" >> /tmp/mail.err

これだと、大文字の "FOO@EXAMPLE.NET" 宛てのメールがエラーとなってしまう。

で、ぐぐったところ、http://qiita.com/kawaz/items/211266021515b3f033a3 ここのような大小文字変換があることが判明

早速次のように変更し、現在順調に動作している。

if [ ${TO,,} = "foo@example.net" ] ; then
  export X_HOME=/var/xxx/foo
else
  echo "ERROR: ${TO}" >> /tmp/mail.err


しかし、アドレスが大文字のメールが来るとは、思ってもいなかった。

2013-10-23 Wed

mew で、省略されたアドレスの全表示 [mew]

mew は、To: や Cc: のアドレスが多くなると、後半は "..." と省略されて表示する。
全部表示したい場合には次。

zv

2013-10-22 Tue

scmail 設定 [mail]

メールのスパムフィルタとして scbayes(in scmail) を使っているが、メールサーバの移設に併せて、scmail のフィルタも使ってみることにした。

イロイロと参考にしたが、scmail-deliver がどうもうまく機能しない(振り分けられない)。
で、試行錯誤した結果、次の設定で動作した。

(add-filter-rule!
  '(from
    ("foo@example.com" ".from.foo") )
  '(to
    ("ml-bar@example.net" ".ml.bar") )
  '(subject
    ("baz-group" ".grp.baz") ))


どこかに、ドット対("hare" . ".from.hare") で設定されていたが、それだと NG だった。

リリースから 10年近く経つが、scbayes といい、scmail といい、筋が良いソフトだよなぁ。

2013-10-17 Thu

mysql CASE の ELSE は必須!! [mysql]

mysql SQL で、CASE を使った UPDATE を実行。

UPDATE table1
SET
  ccc =
  CASE
    WHEN aaa = '111'
      THEN '888'
    WHEN aaa = '222'
      THEN '999'
  END
;


と、ccc = 888/999 は、思った通りに設定されたが、それ以外のレコードの ccc には null が設定されてしまった!!

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/ja/control-flow-functions.html によると

一致する結果値がない場合は、ELSE のあとの結果が戻され、ELSE パートがない場合は、NULL が戻されます。

だそうな...

なので、ELSE を追加した次が正しい記述。

UPDATE table1
SET
  ccc =
  CASE
    WHEN aaa = '111'
      THEN '888'
    WHEN aaa = '222'
      THEN '999'
    ELSE ccc
  END
;


ELSE は必須ですね。

2013-10-10 Thu

FreeBSD 10 から clang がデフォルト [freebsd]

アルファリリースが clang で実装されたとか。
http://www.infoq.com/news/2013/09/freebsd10-clang

clang デフォルトの話、2年くらい前からあったが、いよいよ現実的になってきた。
楽しみ。

ソフト開発で、GPL(特に GPL3) にビクビクしながら、 Linux+gcc(+lib) を使っている人は、全員 FreeBSD+clang に移行すべきだよね。
開示強制の不安無く、安心してソフト作れます。

txz ファイル [freebsd][linux][unix]

xz なる圧縮ツールがあるんだ。
で、FreeBSD 9 の pkg では、既に .txz ファイルが配布されている。
知らなかった...
これ、2年も前の記事 http://gihyo.jp/admin/clip/01/fdt/201104/26

2013-10-08 Tue

emacs 行頭に文字を挿入 [emacs]

へー、こんなことできるんだ!

C-x C-i : リージョンの行頭にスペースを挿入
C-x r t : リージョンの行頭に指定した文字(列)を挿入

2013-10-02 Wed

(postfix) sendmail オプション [mail]

http://www.postfix-jp.info/trans-2.2/jhtml/mailq.1.html

こんな感じ

sendmail -r myadr@example.net -t < contents.txt
-r: Return-Path の指定
-t: contents 内の To: CC: にしたがって送信


で、contents.txt はこんなかな

To: youradr@example.com
Cc: someadr@example.org
From: myadr@example.net
Subject: Hey man!
                       <-- header と body は 1行(以上)空ける
This is a body.
I can write anything in here.
la la la...

emacs / web-mode.el [emacs]

自社のウェブサイトを全面書き換え中。
以前は XOOPS を使って作成したが、今回は bootstrap を利用してベタで手書き。
で、emacs で html, php がスラスラ書ける mode(elisp) を探して web-mode.el を発見。
かなり強力そう。ここに詳しい。 http://web-mode.org/

+ 設定( at .emacs)

;;;
;;; WEB-MODE
;;;(require 'web-mode)
;;; emacs 23以下の互換
(when (< emacs-major-version 24)
(defalias 'prog-mode 'fundamental-mode))
;;; 適用する拡張子
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.phtml$" . web-mode))
;(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.tpl\\.php$" . web-mode))
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.php$" . web-mode))
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.jsp$" . web-mode))
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.as[cp]x$" . web-mode))
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.erb$" . web-mode))
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.html?$" . web-mode))
;;; インデント数
(defun web-mode-hook ()
  "Hooks for Web mode."
  (setq web-mode-html-offset 2)
  (setq web-mode-css-offset 2)
  (setq web-mode-script-offset 2)
  (setq web-mode-php-offset 2)
  (setq web-mode-java-offset 2)
  (setq web-mode-asp-offset 2)
  ;; contents も indent 可能にする
  (setq web-mode-indent-style 2)
)
(add-hook 'web-mode-hook 'web-mode-hook)


+ bind 参考: http://fukuyama.co/web-mode
- "C-c C-f" (web-mode-toggle-folding)
HTMLタグを折り畳む機能です。
カーソルの位置のタグ内が省略されアンダーラインでマークされます。
戻すときも"C-c C-f"です。
- "C-c C-n" (web-mode-match-tag)
タグの開始タグと終了タグにカーソルを持っていってくれます。
- "C-c C-s" (web-mode-snippet-insert)
snippet を選択できます。
- "C-c C-r" (web-mode-rename-element)
タグの開始タグと終了タグの名前を変えてくれます。
- "C-c C-b" (web-mode-delete-element)
現在位置のタグを丸ごと消せます。
- "C-c C-j" (web-mode-duplicate-element)
現在位置のタグを複製します。

Referrer (Inside): [2019-03-06-1]

2013-10-01 Tue

mysql workbench select の limit をはずす [mysql]

mysql workbench6 で、"select rows" する時に limit 1000 が default で設定されている。
これをはずす(全て select)する方法。

Edit -> preferences...
SQL Queries タブ
Query Results
□ Limit Rows <-- マークをはずす
[OK]

最終更新時間: 2019-08-15 09:35